懐かしい奴がやって来る

それは、ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switchです。

サクッと内容紹介

はしません。

 

もういう事はないくらい、懐かしいリメイク版です。

単純に面白くて夢中になるゲームです。

当時を知ってる方なら、ついついやってしまうでしょう。

現在ランキングの1位です。

当然、推しときます。

 

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

ゼルダの伝説 夢をみる島 -Switch

 

 

 

捨てるにも訳がある

それは、一秒で捨てろ! 人生がときめく「逆転の整理術」 (PHPビジネス新書) 新書です。

サクッと内容紹介

“大事なもの"を手放せば、仕事も人間関係もラクになる!
成果に直結していないムダな仕事、断ち切りたくても経ちきれない人間関係、ヒマさえあれば投稿しているが「いいね」がまったくつかないSNS ……。いずれも、生きていくために(あるいは、承認欲求を満たすために)仕方なくやっているという人がじつに多い。すぐに、その考えを改めるべきである。仕事も人間関係もSNSも、自分勝手に「大事なもの」と捉えているだけで、じつは“ゴミ"であるケースがほとんどだ。ここはひとつ、自分にとって本当に必要なものか、じっくり検証してみてはどうか。常識や思い込み、妙なこだわりから自分を解放して、「人・モノ・事」を捨て去れば、途端に仕事も人生もラクになる。それどころか、新しいことを始めたり、思わぬ出会いが巡ってきたりと、メリットもたくさんある。本書では、ビジネスパーソンとして一皮むけるために必要な、仕事、人間関係、衣食住、お金、情報などを瞬時に捨て去る方法を披露。これぞ、唯一無二の成毛流・逆転の整理術!

<本書の内容>
はじめに あなたが大切にしているものは“ゴミ"

第1章 「捨てる力」がないと、生き残れない! ――令和型「ビジネスマインド」のすすめ
その私物、いつのもの?
たった10年で次々に登場する新しいモノ、サービス
新しいものを使いまくらないと、トレンドはつかめない
スマホやアプリは、どんどん入れ替えろ
QRコード決済は「使えないサービス」
自分の得意分野に絞って、リソースを集中させる
イノベーションは「捨てること」から生まれる ほか
第2章 「ムダな仕事」を手放せ! ――昭和的労働の「リセット法」
「常識」を取り外して、要らない仕事を見つけろ
エライ人が出席しなければ、会議はなくなる
電話をかけてくる人は、仕事がデキない証拠
メールやLINEも必要ない
足で稼ぐ営業は時代おくれ
「名刺」には本当に必要な情報だけ書けばいい
好きなものに囲まれて仕事をしよう
研修やセミナーは天才をダメにする
前任者のやり方をすべて捨てろ ほか

第3章 「バカ」から離れろ! ――超戦略的「人付き合い」術
転職したら、それまでの付き合いをバッサリ捨てる
SNSで誕生日メッセージを送る人は「即ブロック」
いまだに年賀状を出すバカ
打算でつながるより、仕事で爪痕を残せ
部下の結婚式や披露宴には行くな
バカが伝染る場所には近づくな
若い世代の流行を試すだけで、同世代と圧倒的に差がつく
プライドを捨て、ライバル会社とタッグを組め ほか

第4章 「大切なモノ」を手放し、大きなリターンを得よ!
――老後も安心「捨てる錬金術
モノに「聖域」を設けない
広いだけの家は「宝の持ち腐れ」
自動車を捨てて、電動バイクを買え
家族がいても、生命保険や医療保険は不要
資産を運用すれば、年金に頼らず生きていける
まずは「iDeCo」や「NISA」から
株のインデックスファンド以外、全部捨てろ
投資するなら、大手証券会社からし買ってはいけない
時計を買えば、勝ち組になれる ほか

第5章 「こだわり」を捨て、人生後半を謳歌せよ! ――ムリせず楽チン「シンプルライフ
食事は「定番」を決める
ドレスはレンタル、礼服は使い捨てで十分
背表紙がイケてる本だけ残す
手作り料理信仰を捨てよ
こだわりを捨てるか、妻に捨てられるか
子供に必要なのは、「体験を捨てる」こと
お墓は要らない
物を捨てるときは、人を呼べ ほか

第6章 「情報」は極限まで絞れ! ――周囲と差がつく驚異の「アウトプット法」
膨大なインプットを捨て、アウトプットにシフトせよ
「大衆が発信するネタ」は絶対に取り上げるな
フェイスブックは毎日更新しなくてもいい
読まれる文章は「最初の1行」が違う
BS各局の名物番組は「記録映像の宝庫」
ベストセラーは読まない
スポーツは「音」を楽しむ
つまらないSNSは全部ミュート ほか

著者について

〈著者略歴〉
成毛 眞(なるけ・まこと)
1955年、北海道生まれ。79年、中央大学商学部卒。自 動車メーカー、アスキーなどを経て、86年、日本マイクロソフト ㈱に入社。91年、同社代表取締役社長に。2000年に退社 後、投資コンサルティング会社㈱インスパイアを設立、代表 取締役社長に就任。08年、取締役ファウンダーに。10年、書 評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。
主な著書に、『面白い本』(岩波新書)、『定年まで待つな! 』(PHPビジネス新書)、『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)などがある。

 

こだわりや時代おくれのモノは捨て、新しい血を入れろ的な考え。

落合陽一さんの逆のポジションを取れみたいな考えに近いかな。

それを、身近な生活の中で活かせ的な考えだと思います。

成毛眞さんの先を見据えた考えが良いよね。

推しときます。

 

 

降りるのも悪くない

それは、一流になりたければ2駅前で降りなさい 最高の成果を生む「寄り道」メソッドです。

サクッと内容紹介

一流はなぜ、
無駄に見える道をあえて進むのかーー。

その答えは、寄り道の先にこそ、
いつもの道では見つけられない
多くの発見があるからだ!

今から新しいことをはじめるのは抵抗がある……。
何かをはじめてもどうせ長続きしない……。
でも、単調な人生を少しでも変えたい……。

いくらか歳をとると、今さら人生を大きく変える選択をするのは難しいだろう。

しかし、日常を少しだけ変える"小さな寄り道"ならできるはずだ!

なんとなく過ごしている日常を、寄り道で変えていかないか?

人生を楽しみながら、さらなる成功に導くための
「寄り道メソッド」を、一流のビジネスマン・成毛眞が伝授。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寄り道という、一見、無駄で無利益で何も生まないように見える行為が、実は、まっすぐ延びた道を何も考えずひたすら進んでいたのでは身につかない、先が見通せない社会で生き残るための視力と体力を養う
(本文より)


【本書の内容】

第1章 寄り道に必要なのはスニーカー、
デカい鞄とゴールだけ
・考える前に歩いてみる
・ふらふらと目に入ったものを楽しむ
・「偶然が偶然を呼ぶ」を実感する etc.
第2章 思考の寄り道は大人の愉楽
・寄り道とは「無駄を受け入れること」
ググる前にひたすら問題をつくる
・最高の検索サイトはグーグルではない
フェイスブックは公開ネタ帳 etc.
第3章 寄り道をすれば副収入が得られる
・寄り道の先にはワン&オンリーの肩書きがある
・やってはならない副業がある
・面白いユーチューバーは無駄が多い etc.
第4章 "寄り道の時間がない"は無能の言い訳
・カンは寄り道でしか養えない
・日記や感想文を書くくらいなら詩を書け
・定額の中で寄り道し倒す etc.
第5章 寄り道は相手次第
・雑談させる人、雑談させない人
・会ってみたい人には「会いたい」と言うな
・人と会うことが最大の寄り道 etc.
第6章 寄り道しない人・企業・国家の末路
明治維新が寄り道を悪者にした
・寄り道できない会社は一度つぶれるしかない
・寄り道できる会社は日本にもあった etc.

著者について

1955年、北海道生まれ。実業家。79年、中央大学商学部卒。自動車メーカー、アスキーなどを経て、86年マイクロソフト(株)に入社。91年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社(株)インスパイアを設立、代表取締役社長に就任。08年、取締役ファウンダーに。10年、書評サイト「HONZ」を開設、代表を務める。 主な著書に、『黄金のアウトプット術 インプットした情報を「お金」に変える』(ポプラ新書)、『定年まで待つな! 』(PHPビジネス新書)、『amazon』(ダイヤモンド社)など多数。

 

寄り道をする事で、色んな疑問点が見え、可能性を秘めているだよね。

無駄なようで実は重要だったりする訳。

そんな事なら、2駅前に降りるのも悪くないよね。

推しときます。

 

リンク切れで検索してくださいね。

 一流になりたければ2駅前で降りなさい 最高の成果を生む「寄り道」メソッド

しょせん

それは、凡人道 役満狙いしないほうが人生うまくいくです。

ひろゆきさんの最新刊です。

サクッと内容紹介

巨大掲示板2ちゃんねる」創設者にして元管理人のひろゆき
76(ナナロク)世代を代表し、ネット世界にも造詣が深い著者の思考や人生観は、
ネット世界の「基本」とは少々異なります。

「投資をするよりまず貯金をしろ」

「好きなことを仕事にしたら生きていけない」


など、従来の「ネットリテラシーがあって閉塞感を感じている人」が期待することを考えています。

インフルエンサーの言うことを実践しても生きづらさは変わらない

――そう感じる人に向けて、ならばどうすればいいか、
どうすれば人生に行き詰まりを感じず「ちゃんと生きる」ことができるか、
というコツを本書で紹介していきます。

【著者より】
最近はこういうまともな価値観をメディアが取り上げなくなりました。
出版業界も斜陽産業になってきたので、どうしてもエッジの利いたタイトルの本しか並ばなくなりますよね。
「好きなことして生きていく」とか「学歴はいらない」とかそういう趣旨の過激なものが多い気がします。
その結果、みんなが「ビジネスとして情報を売る人たち」の主張を真に受けてしまっている。
自分にとって本当に役に立つ知識を手に入れられない人が増えているんじゃないかと思います。(本書 第2章より)

 

今回は、凡人が無茶の事をせず、どうやって生き抜いて行くかって事に焦点を当てています。

好きな事して生きて行くみたいな、一部の方にではなく、凡人がやれば出来るよって事なんですよね。

こういうのを待ってた方は、朗報ですよね。

推しときます。

 

凡人道 役満狙いしないほうが人生うまくいく

凡人道 役満狙いしないほうが人生うまくいく

 

 

無駄に

それは、自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術です。

サクッと内容紹介

あなたの話はムダだらけ。
発する言葉に魂を込めろ!


巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。
それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ。
自分の話をやめるだけで、仕事も人間関係も俄然よくなると著者は断言。そこまで言い切れる根拠とは?
「相手は自分の話に興味を持っていない」「『自分をわかってほしい』と思うことほど傲慢なことはない」
「『質問』にあなたの全てが表れる」「プライベートなことを聞かないほうが失礼である」等々、
普通の人が気づけない会話の盲点を指摘。仕事や人間関係が面白いほどに好転し始める話し方を網羅した一冊。

【目次】

第一章余計な話をすることが無意味なワケ
「自分をわかってほしい」と思うことほど傲慢なことはない
ニコニコしている人ほどあなたへの評価は厳しい
「質問」にあなたの全てが表れる
雑談が多い人ほど自分に甘い
雑談をなくせば利益が生まれる
雑談好きの人は大事な場面で選ばれない
無意味な雑談には3種類ある
相手と張り合わないほうがうまくいく
軽い謝罪なら、しないほうがよい
「相手を褒める」は上から目線
「好かれる人」より「少し緊張させる人」を目指す
賢い人は「雑談」ではなく「少し先の話」をする

第二章ムダな会話をせずに相手の心を開く
5分間の意味のない話で3億円損をする
「口角と小道具」で相手との距離を縮める
一歩踏み込んだ質問をしない人がダメな理由
SNSで好き嫌いを発言するな
ファーストクラスに乗る人は本当に裕福なのか
妬みはバネになる
「それでお腹いっぱいになるの」?には2つの意味がある
プライベートなことを聞かないほうが失礼である
ストレートな質問よりも「ポジティブ・メッセージ」を活用しよう!
「いかがですか」?とは聞かない
雨が降ったら「急ぎましょう」と提案する
杖を持つ人に配慮できる人になる
「信仰、政治、病気」の話題を避けるな
モノをたくさん売る人は「ちゃっかりPR」が絶妙
採用のチャンスは「普段」にある

第三章 「話し癖」を直すだけで全てが劇的によくなる
すぐに本題に入れる「3秒フレーズ」
「雑談」をうまく切り上げる方法
手を止めて雑談をする美容師にはなるな
話したいことの5割をカットせよ
話しかけるタイミングを見極める
当たり前のことばかりを発言するな
アピールではなく「提案」をせよ
相手の話したことを「引用」せよ
趣味がなければ1年以内にチャレンジしたいことを語ろう
「仕事の話は面白くない」は嘘
謙遜する相手にどう反応するか
メモ書きにまで気を配る
「私も!」といって話題を奪わない
電話では「相手の声」以外を気にしよう
「お土産」を持たずに訪問するな
刑事コロンボ」に学ぶ会話のセンス
「会って10秒・3ステップ挨拶セット」を実行せよ
もっと、店員を喜ばせよう!
メールで「お世話になっています」は使うな
「聞くふり上手」より「反応上手」を目指そう
待ち時間にスマホを見る人にチャンスはこない
「心を揺さぶる技術」を磨く
資料を見ながら発言しない
「質問に答えるだけの人」になるな
「本気のゴマすり」で相手を動かす
「感じがよいだけの人」にはなるな
「無礼な人」は淡々とやり過ごす
心に刺さる言葉だけを使う

内容(「BOOK」データベースより)

巷の「話し方」の本には一番大切なことが抜けている。それは、会話では「自分のこと」ではなく「相手のこと」を話すということ。自分の話をやめるだけで、仕事も人間関係も俄然よくなると著者は断言。そこまで言い切れる根拠とは?普通の人が気づけない会話の盲点を指摘。仕事や人間関係が面白いほどに好転し始める話し方を網羅した一冊。

 

何か話すにしても、無駄に余計な事を話してしまう場合があるよね。

私は、話すよりも、聞く側が多いかな。

無駄に話しても、それを納得させる事が出来なければ、相手の考えてる事をしゃべらせて、その事に根掘り葉掘り聞くのが無難だし、簡潔に終わるだよね。

話よりも大事な事がある方に、推しときます。

 

 

2弾も好評なようで

それは、医者が教える食事術2 実践バイブル 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70です。

サクッと内容紹介

◆TBSテレビ「金スマ」で話題沸騰!!
◆シリーズ80万部突破!!
◆ついに待望の続編が登場!!

まだこんなにあった! 常識を覆す驚きのデータ続々!
これが最新版「食の真実」だ!!


「何を、いつ、どう食べればいいのか」
肉・魚・米・パン・野菜・海藻・乳製品・卵・果物……
日本中で大ブームを巻き起こした食のバイブル第2弾は、
さらにアップデートした「食材別食べ方」が満載!

その他、5大栄養素の上手な摂り方、
体を整える血糖値管理法、年齢・タイプ別アドバイス
がん、脳梗塞心筋梗塞認知症他の予防・治療法、
飲んでいいサプリなどを1冊に完全網羅。
より実践的で具体的になった「食事術」を解説します。

◆健康に必要なのは「知性」だ!
◆思い込み、都市伝説、企業論理に振り回されず、
◆嘘を見抜ける「食のリテラシー」を身に付ける!


『The New England Journal of Medicine』『Science』『THE LANCET』など、
世界のトップジャーナルに論文を発表する研究者であり、
医者として20万人の臨床経験を持つ著者が、
「生化学×臨床データ×最新エビデンス」に基づく、
DNAにそった最強の食事法を公開。

◆「その食べ方、間違っています!」
◆医学的に正しい70の食事術


・肉はできるだけ「鶏」を食べる
・「脂肪」を食べた方が長生き
・納豆は「夕食」に食べる
・付け合わせのパセリは残さない
・迷ったら「アブラナ科」の野菜
・ヨーグルトは「食後に」食べる
・ラーメンより「チャーシューメン」
・「木綿豆腐×納豆」で糖尿病が改善
・安いオリーブオイルに優勢性はない
・牛乳はあえて飲まなくていい
・肉はいろいろな部位、魚介は丸ごと食べる
・キノコは丁寧に洗わない
・カルシウムを摂るなら牛乳より「小魚」
・血圧が心配なら海藻を1日1パック食べる
・小腹が空いたら30グラムのナッツを食べる
・ゆっくり食べると血糖値は上がりにくい
・白米好きは海藻から「マグネシウム」を摂る
・ご飯の前に「タンパク質」を食べる

◆最新医療に基づく予防・治療法も多数紹介!

・胃のバリウム検査は百害あって一利なし
痛風は食事より「体質」が関係する
・肺のレントゲンは意味がない
内視鏡いらずの大腸CTなら安全で低負担
・恐い膵臓がんを早期発見できる検査とは
乳がんは乳腺MRI検査をプラスする
前立腺がんを発見する「PSA」
・肝油は古くて新しい健康維持サプリ
ビタミンDはがん予防が期待できる

内容(「BOOK」データベースより)

健康に必要なのは嘘を見抜ける「知性」だ!最新エビデンス満載!研究×臨床×データで導くDNAにそった最強の食事法。

 

前作も事細かに記載していたが、今度もてんこ盛りの内容で充実している。

けれど、ここまで出来るかどうかが疑問。

数個ぐらいは達成出来そうだけど、すべては無理かもしれない。

健康に気になる方に、推しときます。

 

医者が教える食事術2 実践バイブル 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70

医者が教える食事術2 実践バイブル 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70

 

 

やっときたか

それは、白銀の墟です。

サクッと内容紹介

18年ぶりの書下ろし新作、ついに!
驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。
だが――。戴国の怒濤を描く大巨編、開幕!

戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。
乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!

 

 

18年待ちました。

だから、期待するのも半端ないです。

もうすぐ発売。

もう推すしかないです。

推しときます。

 

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

 

 

 

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)