凄い物語

それは、イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子です。もう何処にでもあるイオンですが、前進は、ジャスコだったです。それが、今では、イオンに変貌してるです。

内容紹介

「弟を日本一にする――」

そういって、巨大流通グループ「イオン株式会社」の創業者・岡田卓也
人として、経営者として育て上げた、小嶋千鶴子。

ほとんど外に出てこないため、その存在はあまり知られてはいないが、
その類まれなる実力と功績をたたえ、
人々は彼女を「人事のレジェンド」とさえ呼ぶ。

23歳でイオンの前身・岡田屋呉服店の社長となり、
戦後の混乱期を数々の手腕で乗り越え、さらに発展させた。
その後、弟・卓也を社長にし、今度は卓也を支えるブレーンとなり、
経営人事・戦略人事の専門家として、イオンの基礎を作った。

岡田屋呉服店という四日市の家業を、ジャスコという企業に、
そしてイオングループという産業にまで育て上げ、
いま(2018年現在)も四日市に暮らす。

本書では、これまでまったく表に出てこなかった
小嶋千鶴子の存在とその人生を明らかにする。
同時に、イオンの社員のみが読むことができる、
小嶋千鶴子自身が書いた幻の書籍を
彼女の愛弟子が解説し、書籍化した。

これまでイオンのことが内部から語られることはほぼなく、
ベールに包まれてきた。
これによりイオンのビジネス精神が解き明かされることになり、
そういった意味でも、本書は奇跡的とも言える一冊である。

企業やリーダーたちによる不祥事が取りざたされることが多い昨今、
あらためて企業とは何か、リーダーとは何か、
人が働くということはどういうことかを
考え直すきっかけと本書はなるだろう。

また、これからビジネスを拡大したいと思っている人にも、
ぜひ読んでいただきたい。


(目次より一部抜粋)

第1章 小嶋千鶴子を形成したもの―その生い立ちと試練
1.宿命―田舎町の呉服屋から
2.背負った使命―二三歳の当主
3.焦土からの復興―残った先代の遺産
4.弟と二人三脚―姉から共同経営者へ
5.業態開発とチェーン化志向―大きな目標へチャレンジ
6.オカダヤからジャスコへ―大きな舞台への飛躍
7.ジャスコの基礎づくり―専門経営者の真価を発揮
8.退任後のビジョン―一〇年区切りの人生目標
9.パラミタミュージアム―趣味の風景(夫小嶋三郎一とともに)
10.姉と弟の深層―風樹の嘆

第2章 善く生きるということ―小嶋千鶴子の人生哲学
1.自己の成長・成功のために何をなすべきか
2.先哲の知恵から学ぶ
3.長い人生のグランドデザイン
4.善く生きるということ
5.信頼の基礎は責任感と使命感
6.純度の高い自己基準を持つ
7.知って行わなければ知らないのと同じ
8.女性が男社会で生き抜くには
9.数をこなすと質に変化する
10.仕事の意味づけする
11. 変革期こそチャンス

第3章 トップと幹部に求め続けたもの―小嶋千鶴子の経営哲学
1.現場は宝の山
2.考えるチカラをなくした職場は悲惨
3.理想の会社を追い求めて
4.会社は社会の機関である――根幹となる哲学
5.蓄積された眼に見えない資産
6.マネジメントのレバレッジ効果
7.脇が甘くなる趣味と私事
8・失敗を寛容する心が人を育てる
9.不正には厳
10.競争優位の戦略
11.短期より長期適合性
12.イノベーターの芽を摘まない
13.起案権限
14.成長責任を負う
15.根回し調整不要論
16.良質なDNAを創る

第4章 人が組織をつくる―小嶋千鶴子の人事哲学
1.小嶋の経営・人事の特性
2.人事の基本は発展力の確保
3.保守的人間の排除
4.上がると下がる、下がると上がる
5.エンパワーメントの本質
6.教育こそ最大の福祉
7.三つの領域への取り組み
8.組織階層に求めるもの
9.人は用い方次第
10.止まると濁る・長いと腐る
11.側近政治を排除する
12.人間の美しい心に訴えよ
13.合併成功の本質―人心の一致と融合
14.公正な能力をはかるモノサシを創る
15.専門(人事担当)経営者としての誇り

第5章 自立・自律して生きるための処方箋
1.何を選択し目標とするか
2.自己を開発する能力を身に着ける
3.人間の可能性は無限大
4.散歩のついでに富士山には登れない
5.復元力を身につける―失敗から教訓を得る
6.なくてはならない人になる
7.矯めるなら若木のうち
8.モノの見方・考え方の原則
9.小事は大事―小事を大切にするのがプロ
10.小さな変化を見逃さない
11.「あるもの」より「ないもの」で人生は決まる
12.上策・凡作・下策―上策に向けて全力を尽くす
13.選択で自己が決まる
14.最後は全体の利益を優先する
15.自立・自律をめざして

終章 いま、なぜ「小嶋千鶴子」なのか?
持続可能な社会の構築にむけて

これだけの内容を見ると、一度読んで見たくなるでしょ。

個人的に、推しときます。

 

もう伝説は、語り継がれる

それは、Queen Rock Montreal & Live Aidです。Queenの熱血ファンは、今尚健在ですね。イントロを聞くだけで、口ずさむのは当たり前。

個人的に、好きなんで推しときます。

 

伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [Blu-ray]

伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [Blu-ray]

 

 

売れる本は、内容も凄い

出せば売れるそれは、日本国紀です。

百田尚樹さんの本です。

もう数知れずのロングセラーの本はありますが、今回も内容が凄い。

これは、手に取って読んで見てね。

推し時ます。

 

日本国紀

日本国紀

 

 

前作も売れ、今回も

それは、新世界です。

著者は、西野 亮廣さんです。   

前作の革命のファンファーレを読んだ方は、もちろん買いですが、

これから、読む方も買いだと思います。

推しときます。

 

新世界

新世界

 

 

                 

タイトルで興味を持ってしまう

それは、しょぼい起業で生きていくです。

しょぼいと聞いて、普通は、そんな事で生きて行けるのかって、

考えてしまうですが、紹介内容を見て、納得です。

 

もう、嫌な仕事をするのはやめませんか。
会社辞めたい人、会社に入れなかった人、起業したけど失敗した人、アルバイトが続かない人……。
みんな、大丈夫です。

巻末対談:『ニートの歩き方』Pha氏、
発達障害の僕が「食える人」に変わったすごい仕事術』借金玉氏



「会社で働いて、お給料をもらって、それで生活をする」、いくら多様化社会だと言っても、いまの日本ではそういったいわゆる「サラリーマン」としての生き方が「普通」とされています。
ですが、日本人全員が会社で働くのに適しているとは限りません。
もう会社組織の中で生きていくのが嫌な人、そもそも会社に入れなかった人、会社を辞めてしまった人、
みんな大丈夫です。
しょぼい起業は、「事業計画」も「資金調達」も、「経験」もいりません。
嫌なことから逃げてもやっていける生存戦略を紹介します。
「会社員」でも、「ニート」でも「意識高い系起業家」でもない、新しい生き方です。
やっていきましょう。

気になる方は、買いです。

推しときます。

 

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

 

 

復刻版が良いだって

それは、大人の科学マガジンBESTSELECTION01 ピンホール式プラネタリウムです。

部屋一面、星空の世界を演出してくれる優れものです。妙に寝つけない方は、癒し&睡眠に誘ってくれるかも知れないですね。個人的に、推しときます。

 

 

SSDが安くなったもんです

SSD 500GBが8999円ぐらいで買えます。それと、もっと安いのが、m.2 SSD 1TBが17800円です。例えば、ローカルディスクをPCを立ち上げる早くするために、SSDに替えるのも、今なら、お買い得で替え時かも知れませんね。どちらも、お買い得なんで推し時ます。