そこに君がいる

それは、

私のジャンルに「神」がいます (日本語) 単行本

です。

サクッと内容紹介

憧憬、羨望、執着、嫉妬、愛…同人活動をする者達のほぼ全てがここにある

類まれなる文章力で二次創作界に燦然と輝く天才字書き・綾城(あやしろ)。
同ジャンルの者達はその作品に焦がれ、打ちひしがれ、
彼女に馴れ馴れしくリプを飛ばす「おけけパワー中島」への憎悪をくすぶらせていくのであった……。

天才字書きをめぐる創作者たちの葛藤を綴った連作。

書籍描きおろしとして、綾城が小説を書き始めた頃を描いた「天才字書きの生まれた日」を収録。
綾城と中島が出会ったばかりの時期が明かされます。

 

何もかもが理解不能で意味が分からない。

けれど、内容紹介を読む限り、凄いことが分る。

つべこべ言わず、

読むべし。

推しときます。

 

私のジャンルに「神」がいます

私のジャンルに「神」がいます