読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

難易度

デイトレ スイング 中長期で難易度は、デイトレ>スイング>中長期。なぜか、

上げ下げの幅です。デイトレは、言葉如く、一日で決済します。持越しないので、損失も最少で済みます。しかし、何が難しいかと言うと、値幅が狭い事なんです。例えば、500円の銘柄があるとします。始値が505円で高値565円安値が480円終値485円だとします。前場で565円に達しました。しかし、大引けにかけて下がり始め、485円で終えます。こうなると、仮に540円で買った方は、損切りしないといけないですよね。常に騰がり続けるなら別ですが、そうでもないのが常です。この狭い値幅で、上げ下げを判断しなければなりません。簡単なようで難しいです。初心者が、日銭を稼ぐ為に、飛びついて損失になりやすいのも分かります。その次に、スイングと中長期です。仮に、500円の銘柄を3月3日で買ったとします。その日の終値が490円だとします。ここから、騰がるか下がるかどうかは分かりません。しかし、ここで注意するのが、買われ過ぎ売られ過ぎに注意してトレードが出来るかどうかで、収支が大きく変わります。仮に、一ヶ月後、595円になったとします。それまでは、騰がる日もあれば下がる日もありました。しばらくすると、徐々に騰がって来ました。それでの、595円です。ここで売る事も出来ますし、持ち続けてさらに高値で売る事も出来ます。売り時は、買い時よりも、難しいのは、自分がどう判断するかが問われるからです。今まで、説明したのは、値幅が広いか狭いで難易度が大きく変わる。それと、買われ過ぎ売られ過ぎで大きく変わる事です。