適正

トレードをしていると、勝ってる時は良いけど、負けが多くなり、どうしたら勝てるだろうと考えたりしますよね。例えば、デイトレで勝っていて、その勢いで日々トレードした結果、少し勝っては大きく負けたりなんてありますよね。株は、9割が負け、1割が勝ちだと言われています。私は、最初の頃、それは、言い過ぎだろうと思っていました。実際は、あながち嘘じゃなかったです。よくに言う、コツコツドカンなんですね。なぜ、ドカンが起こるかと言うと、トレードをしていると、自分が買った株価よりも下がる時が、あります。それも突然大きく下がる時があります。そういう時、損切りせずに、そのまま我慢するです。また買った株価に戻すだろうと持ち続けるですね。だけど、なかなか戻らず、さらに下がって、損失が拡大して、もう無理だと思って、ようやく損切りするです。それが、ドカンです。こういう事を、繰り返すと資金は、確実に減って行きます。株の銘柄数は、3558銘柄です。この中で、選ぶです。いかに、利益を出して勝ち続けるかは、至難の技です。しかし、1割のトレーダーは、紛れもなく勝っているです。勝っている理由は、銘柄選び、売買が適正で外していないという事です。今は、低金利時代で、株を運用する方が、増えています。特に、デイトレで儲けて、老後のお金に備えたいと思う男性に限らず女性もいるそうです。しかし、安定して勝てる手法を見つけない限り、負けます。長続きは、しません。私は、自信を持って言えます。いかに、安定した手法を見つけるかで、トレードは変わってきます。まず、あなたが、デイトレをしているなら、トレードをする前に、一度モニターから少し離れて、全体を見て下さい。何かを発見出来たら、それは次に繋がります。